高校卒業のサポートもしてくれる

通信制高校は働きながら学びたい人などにぴったりの高校です。その他不登校の生徒であったり叶えたい夢を持っている生徒が利用するようになりました。通常医学部を目指すような生徒は優秀な高校に進学して目指すのでしょうが、中には通信制高校を選んで医学部予備校に通いながら医学部を目指したりもします。これらの予備校は医学部受験用の授業もありますが高校の単位を取るための授業やサポートもしてくれます。通信制高校を卒業するには課題を提出したりスクーリングをしなければならず、もし単位を落とせば3年時に大学受験ができなくなるかもしれません。ただ通信制高校のカリキュラムは医学部を目指す生徒にとってはそれほど難しくないので卒業も受験もできるでしょう。

高校1年から医学部受験向けの授業がある

医学部を目指すには高校から勉強していては遅いと言われています。レベルの高い中高一貫校に入学して周りよりも先にどんどん勉強しないといけないでしょう。授業が早いところだと高2で高3までの内容を終えて残りは受験勉強に充てられるようにしてくれます。通信制高校にも医学部を目指す生徒がいて、できるだけ早めに通信制高校の単位を取得して医学部受験のための勉強をしたいようです。この生徒が通う医学部予備校では1年から医学部受験向けの授業が受けられるようになっていて、授業のスピードが早い中高一貫校と同じようなスピードで勉強ができます。中高一貫校生は3年から受験に専念するのでしょうが、通信制を利用している生徒はもっと前から受験に専念ができます。